【Excel VBA】メッセージボックスのアイコンを変更する

当ページのリンクには広告が含まれている可能性があります。
メッセージボックスアイコン

こんにちは、ユーキです。

今回は、VBAでメッセージボックスを表示したときのアイコンの変更の仕方を紹介します。

目次

メッセージボックスのアイコンを変更する

メッセージボックスのアイコンとは

VBAのMsgBoxでは、このようにメッセージの横にアイコンを表示させることができます。

VBAメッセージボックス表示例

これは、このようなコードでアイコンを表示しています。

MsgBox "こんにちは!", vbInformation

アイコンの種類

アイコンの種類は全部4種類です。

アイコン4種類

それぞれ以下のようなコードになります。

MsgBox "こんにちは!", vbInformation
MsgBox "こんにちは!", vbQuestion
MsgBox "こんにちは!", vbExclamation
MsgBox "こんにちは!", vbCritical

ボタンの指定と一緒にするには?

メッセージボックスのボタンの指定も第2引数でした。では、アイコンとボタンの指定をどうやってするかといういうと、足し算で指定をします。

MsgBox "こんにちは!", vbCritical + vbAbortRetryIgnore

[重大なメッセージ] アイコン + [中止]、[再試行]、[無視]ボタン表示で表示されるようになります。

[重大なメッセージ] アイコン + [中止]、[再試行]、[無視]ボタン表示

関係ない値を指定するどうなる?

足し算で表示できるといいましたが、アイコン同士の指定を足し算するとどうなるのか?

何も指定していないのと同じ状態になります。

MsgBox "こんにちは!", vbInformation + vbQuestion
アイコン指定なし

まとめ

今回は、メッセージボックスのアイコンの変更の仕方でした。

Point
  • MsgBoxの第2引数を指定する
  • アイコンは4種類(vbInformation、vbQuestion、vbExclamation、vbCritical)
  • ボタンの指定の仕方と併用するには、足し算(加算)で指定する

少しでもお役に立てば、幸いです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旅好き職業プログラマ。文系大学卒業後、ITソフトウエア開発会社に勤務してプログラミング言語を学ぶ。現在は転職し、プロジェクトマネージャ的ポジションで生産管理システムの開発にあたる。
得意言語は、VB、VB.NET、C#.NET、Java、SQLなど。

目次